Event Info : Saturday, 14 December, 2013

画像

MR FEELGOOD Legends

“Drop & Bounce” with Sparkii Ski ft DJ Ken-One & Shinobu Ishizaki

Saturday, 14 December, 2013

19:00 open,
19:30-20:30 mini workshop,
21:00-24:00? jam session

Sparkii is back! 6月に急遽行われたSparkii Ski(Sampler)ft DJ Ken-One(Scratch)+Shinobu Ishizaki(Sax)によるJam Sessionの第2弾が決定! 高度なスキルを持った3人が再び集結する !!

UK HipHop Foundation 、80年代後半より愛機であるAkai のサンプラーS950を使い数々のバイナルをリリースし、Island RecordsよりLondon Posseのメンバーとしてのリリースや、Courtney Pine のレコーディング、ツアーメンバーなども勤めたSparkii !!。

スクラッチ+フットサンプラーを駆使しオリジナルブレイクビーツを奏でるスクラッチミュージシャン。2000年のDMC Japanで2位に輝いたDJ Ken-One !!

数々の国内主要JazzClubでの出演。新天地NYでの新たな活動も始め、今回の一時帰国ではベースの巨人ロンカーターとの共演も終えた Shinobu Ishizaki !!

そして、オープンマイクによるMCの共演。

実力派アーティストによるJam sessionは、リアルな化学融合を実現する。

イベント前には、Sparkii によるサンプラーを使ったミニワークショップも開催。

Lets bounce together!

Sparkii Ski (aka Da SiccaVicca)

スパーキー・スキー

ヒップホップ、ジャズ、ソウルミュージックのトラックメイカー、プロデューサー。英国ロンドン生まれ。1987年EP「”Free Style” Jus Badd ft. DJ Pogo MC Mello & Monie Love」でデビュー。代表作には Island RecordsよりリリースされたLONDON POSSE「Money Madd」「Gangster Chronicles」、Courtney Pine「Underground」「Modern day Jazz Stories」など。その他 Carol Thompson . Janet Kay, Oleta Adams ,45king, jungle brothers, Gang Starr , NWA , ATCQ , Soul2Soulなど多くの製作に関わる。近年ではシタール奏者、石濱匡雄とのユニットや、ベルギー在住のDJグラスホッパーと「These handz」を始動。

★THESES HANDZ(Sparkii Ski+DJ GrazzHoppa) PROJECT ★

※19:30から約1時間程、サンプリングテクニックやビートの組み方など、ミニワークショップも行ってくれます。

DJ Ken-One (RAID SYSTEM)

2000年DMC日本2位のTurntablist / DJ / Beatmaker

1ターンテーブル+スクラッチ+フットサンプラーを駆使しオリジナルブレイクビーツを奏でるスクラッチミュージシャン。DJ MIX & ビート集”SCRATCH EVOLUTION CD”をに2009年リリース。ヒップホップヘッズに名高い名店WE NOD2009上半期ベストディスク30に選ばれる。スクラッチの巨匠Q-BERTによるDVD 「DJ Q-BERT LIVE」,「Turntable T.V DX」に出演の他、海外でのライブもこなしワールドワイドに活動中。

Shinobu Ishizaki

中学の頃からサックスを始め高校卒業後にバークリー音楽大学入学の為渡米。卒業後、一年のNY生活を経て帰国後は国内を中心にライブ活動や、数々のレコーディングに参加。自身のアルバム2枚、ライブDVD一枚をリリース。今年からはNYと東京で活動中。

■URL (more Info&Biography)
https://www.facebook.com/yushima.dance

■Venue
Underconstruction (Yushima/Tokyo)

■Add
Nagayama Bld.B1, 3-36-10, Yushima, Bunkyo-ku, Tokyo, 113-0034, Japan

TEL:080-5192-1012

■Entrance fee
music charge ¥1,500
drink charge ¥500

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中